www.miami-nice.com

まじめにふまじめ




1987 メドック格付第5級 AOC オー メドックChateau Cantemerle 1987 AOC Haut Medoc 赤 ワイン 100%新品,得価

シャトー・カントメルル Chateau CANTEMERLE 3級シャトーに匹敵する実力!安定感があり、いつ飲んでも美味しい、 万能さが魅力の【シャトー、カントメルル】!! ヒュージョンソン氏は【シャトー・カントメルル】について『オーメドック南部のロマンチックな葡萄園。いまや第5級格付に恥じない、一層きめ細やかなスタイルのワインになっている。シャトーは森の中にあり、面積60haの葡萄畑をもつ。第5級格付けながら、卓越したワインを生み出しうる』★★★3つ星の評価!メッドク格付け5級シャトー。 『さえずるクロツグミ』という意味を持つのがシャトー・カントメルルです。 メドックの入り口部分に位置する畑は、この地域では【ラ・ラギューヌ】と並んで最良の場所にあり、オーメドックのシャトーの中でもトップクラスと評されています。過去の記録によると、19世紀後半の頃には、何と【ラフィット】よりも高値で取引されたこともあるぐらいで、その実力は高く評価されています。 カントメルルと言えば、1855年当時の格付けでは5級シャトーの中でも末席に位置付けられていました。しかし不断の努力の末、格付け以上の実力を常に発揮する、優良シャトーへと生まれ変わりました。今では 3級シャトーに匹敵するとも噂される程の実力を誇ります。カントメルルが所有する畑は、この地域ではラ・ラギューンと並んで非常に優れた土地であり、オー・メドックでは最高の評価 を得ています。名門らしく伝統にのっとった、しっかりしたワイン造りが行われており、 その品質は常に知名度を上回っています。 カントメルルはフレンチオーク(新樽50%)で12カ月熟成してワインを仕上げており、オーク樽由来のバニラのテイストが印象的。 ほとんどのヴィンテージで、早飲みと熟成のどちらも可能な点も魅力の一つです。若いうちはチャーミングでフルーティですが熟成を重ねると、非常にエレガント で若いころと全く違った魅力が感じられるようになります。その味わいはまるで、成長した大人の女性のように優美で滑らかです。タンニンにしっかりと芯が通っているので、凛とした印象を受けるワインです。 レッドカラントやクランベリーなどの赤系果実とカシスのような黒系果実、クワの実、クランベリー、ブラックチエリーなど、ベリー系の香り。西洋杉、腐葉土、スパイス、バニラ、ホワイトチョコレートのニュアンス。厳格で力強いタンニンは熟成によりワインに溶け込み、エレガンスやフィネスも増しているリッチな印象です。果実味はジューシーで甘やか、風味もキレイで、クリーンでしなやかなタンニンが余韻にまで長く続いていきます。力強さと柔らかさ両方を兼ね備えた均整の取れたバランスの良いスタイルです。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。 ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、ご注文から到着までに2〜3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本として、ご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国 フランス ●地域 ボルドー地方 / メドック地区オー・メドックAC / マコー村第5級 ●ブドウ品種 メルロ62% カベルネ・ソーヴィニヨン33% カベルネ・フラン5% ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【AOC オー メドック】 【オーメドック AOC】 【シャトー カントメルル】 【格付 オーメドック】 【オーメドック 格付】 【グランクリュクラッセ】 【グランクリュ クラッセ】 【グラン クリュ クラッセ】 【オーメドック グラン クリュ】 【グラン クリュ オーメドック】 【オー メドック 赤 辛口】 【ボルドー 格付】 【メドック 格付】 【オーメドック 格付】 【格付第5級】 【格付第五級】 【メドック 赤 辛口】 【ボルドー 赤 辛口】 【フランス 赤 辛口】 【赤 フルボディ】 【メドック格付第五級 】 【メドック格付第5級 】 【格付五級 】 【格付5級 】 【フランス 赤 辛口 】 【ボルドー 赤 辛口 】 【オー メドック 赤 辛口 】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 シャトー・カントメルル メドック格付第5級 AOC オー・メドック Chateau Cantemerle [1987] AOC Haut Medoc シャトー・カントメルル メドック格付第5級 AOC オー・メドック Chateau Cantemerle AOC Haut Medoc 【第5級格付けながら、卓越したワインを生み出す】とヒュージョンソン氏も3ツ星★★★評価!3級シャトーに匹敵する実力!安定感があり、いつ飲んでも美味しい!魅力的なワイン!! 1855年当時の格付けで5級シャトーですが今では3級シャトーに匹敵するとも噂される実力!カントメルルはほとんどのヴィンテージで、早飲みと熟成が可能な点も魅力の一つ!若いうちはチャーミングでフルーティ。オーク樽由来のバニラのテイストが印象的。熟成を重ねると、非常にエレガントで若いころと全く違った魅力が感じられる!まるで成長した大人の女性のように優美で滑らかに!! *歴史 中世、シャトー・カントメルルは、シャトーから1kmほど離れたメドックの川岸を守る要塞の一つでした。古文書によると、1147年にはすでにカントメルル領主が存在したことを証明しています。この一帯でワイン作りが始まったのが1354年のことで、当時のカントメルル領主は「収穫の10分の1の税金」と「ワイン1樽」を支払っていた記録が残っています。その後、何代ものオーナーへと所有権が移り変わりますが、16世紀より、ブドウ栽培地の開拓がカントメルルのドメーヌでの主な事業 となりました。17世紀になると、カントメルル家はジロンヴィル、モーカン、ソーヴといったシャトーまで支配するようになりました。 1643年、カントゥメルル領主ルイスの弟がソーヴ城に住み、そこを【シャトー・カントメルル】と命名、本格的にブドウ栽培を行う ようになります。 *メドック格付けリスト 1855年、ナポレオン3世は、フランスの豊かさを世界に見せるためにパリ万博を開催しました。ボルドー商工会議所は、ワインの格付けの準備を行うこととなり、仲買人組合に68の赤ワインの銘柄リストと21の白ワインの銘柄リストを提出し、ワインの売価によって5級のクラスとそれ以下の3つのクラスに分けるよう提案しました。しかし、オリジナルリストには、最初は【カントメルル】の名前は記載されておらず、後からようやく「カントメルル、ヴィルヌヴ・ドュルフォル婦人、マコー」と追加されたのだが、カントメルルは格付け対象から外されてしまっていました。 これは、当時のカントメルルが、ボルドーの仲買人を通さずオランダの買手と直接交渉していた為にその売価を知らなかったためでした。しかし、現実にはカントメルルは町を代表するワイン であり、オランダでの評判は非常に高く、同時に5級に格付けされた他のシャトーよりも、実際に高い価格で取り引きされていた記録が残っています。その資料を揃えて組合へ提出すると、リストへの追加の要求が認められました。 1855年9月、まだ万博開催中に、カントメルルは5級クラスとしてリストに加えられました。この歴史あるリストが変更になったのはこれが最初で、2度目は1973年に【ムートン・ロートシルト】が1級クラスに格上げされた時のこの2回しかありません。1867年の万博の際には、シャトー・カントメルルはワインの出来の良さを評価され、銀メダルを授与 されています。 1879−1887年、シャトーはフィロキセラとべと病の危機に瀕し、年間生産量が半減してしまう。被害が甚大だったサン・ジュリアン、ポイヤック、サンテステッフなどと比べると、まだ混乱は少ない方だったため、1884年にはポイヤックの1級シャトー【ラフィット・ロートシルト】よりも、カントメルルのワインの方が高値で取り引きされた記録も残っています。 しかし、1892年、シャトーはデュボス家に売却され、300年間続いたヴィルヌヴ・ドゥ・ドュルフォル家の支配は終わりを告げました。購入者となった【テオフィル・デュボス】は、カントメルルのブドウ栽培者であり、同時にメドックのクリュ・クラスの労働組合副長であり、1914年に売られることになるデュボス・フレール社の仲買人でもありました。彼の死後、息子ピエールとベルナルがカントメルルを1923年まで共同相続し、その後はピエールのみが所有者となります。1930年から始まった戦争の間、いくつかのワイン区画でぶどうが引き抜かれ、1945年からは25haほどしか栽培出来ず、その状態が1981年まできましたく。そして同年、シャトーは建築共済組合と建設省に売却されました。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」 ちっぽけなマコー村のちょうど南にカントメルルの愛らしいシャトーがある。有名な県道2号線(ボルドーからメドックに抜ける幹線道路)に沿った深い樹木に覆われた公園の中にあり、そのワインづくりの歴史は、16世紀後半にさかのぼる。今世紀になってからの大半の期間はデュボ家が所有しており、ほれぼれするほど香り高い、エレガントな姿のワインの生地としてこのシャトーを有名にしたのは、この一家である。しかし、資金難や一族の内紛のせいで、カントメルルは1980年、売りに出された。1970年にはこのシャトーは荒れるがままになっており、1975年以降のいくつかのヴィンテージはその影響をまぬがれ得なかった。カントメルルのセラー、シェ(ワイン蔵)、そしてシャトーは刷新され、新しいセラーや醸造設備、最新設備を導入したテイスティング・ルームなどがつくられた。そしてとりわけ重要だったのは、品質に対する真剣な取り組みがなされたことである。 1980年以前は、瓶ごとのばらつきがかなりあって、多くのヴィンテージが、古い樽のにおいや果実味の欠如という欠点を抱えていた。経営者が変わってから今日に至るまでの最上のワインは1989年と1983年である。ブドウ畑は大幅に植え替えられたため、樹齢が上がるにつれて、品質はさらに向上するに違いない。カントメルルのスタイルの特徴は、リッチで、しなやかな果実味と、強烈で華やかなブーケにある。畑の比較的軽い土壌と高いメルロの割合を考えると、決して超大作になるようなワインではないだろう。カントメルルの最良の作品は、きまって、いくばくかの芳香がある早熟タイプであり、そのために若いうちから、申し分のない魅力がある。ただし、高い期待が寄せられているにもかかわらず、カントメルルは過去10年間、1989年と1983年ほど卓越したワインをつくっていない。 一般的な評価 カントメルルは、いつになったら神秘的な1989年、1983年、あるいは1961年のような出来栄えをふたたび見せてくれるのだろうか?どうしたことか、このシャトーは1970年代と1980年代のスランプの後、完全に回復したことがない。ワインは、よくできているが、並はずれたものとなることはない。概してその格付けにふさわしい。ただし、読者の方は、(残念なことにめったにないが)偉大な成功作に注意を向けるとよいだろう。三級に比肩する作品で、まぎれもなく目を向ける価値がある。全体からみると、品質に対する価格比には興味を持てる。 平均年間生産量:35万本 畑 面積:87ha 平均樹齢:25年 密植度:1万本 平均収量:55hl/ha 育成:発酵は、最良のロットのものは木とコンクリートの槽で、残りはステンレス槽で行う。 発酵温度は一定でなく、メルロは26〜28℃、カベルネは28〜30℃、プティ・ヴェルドは30〜32℃。 マセレーションは最低22℃で30日間。収量の20%(メルロのみ)は新樽内マロラクティック。 熟成は新樽40%で12ヶ月。澱引きは12℃で3回。必要なら軽い清澄を行うが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン52%、メルロー40%、プティ・ヴェルド5%、カベルネ・フラン3% 所有者:SMABTP(相互保険会社)

1987 メドック格付第5級 AOC オー メドックChateau Cantemerle 1987 AOC Haut Medoc 赤 ワイン 100%新品,得価 —— 5,100円

6本〜送料無料 クロ デュ マルキ 2009 メドック格付第2級 AOCサン ジュリアンClos du Marquis 2009 AOC Saint Julien 赤 ワイン 正規品,人気SALE

P.P 93Point Clos Du Marquis クロ・デュ・マルキ サン・ジュリアンの王!レオヴィル・ラス・カーズのセカンドワイン! 【シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・バロン】、【シャトー・コス・デス・トゥルネル】らと肩を並べスーパーセカンドの代表格、メドック格付け第二級の【レオヴィル・ラス・カーズ】は時には5大シャトーをも上回ります。 40haを超えるメインの畑は、5大シャトーの一つである【シャトー・ラトゥール】と面しており、非常に恵まれたテロワールなんです。 また、その名声や恵まれたテロワールに甘えずブドウ栽培、ワイン造り、細部に至るまで、情熱を持って丁寧に何よりも努力を忘れず造られていることもワインファンの心を捉える秘訣かもしれません。 2006年ヴィンテージまではメドック格付け2級の【レオヴィル・ラス・カーズ】のセカンドワインとされていましたが、現在ラス・カーズに使われている区画の外側にある独立した区画のブドウと、ラス・カーズには使用出来ないと判断されたラス・カーズ区画のブドウから造られていました。 しかしながら2007年よりラス・カーズ区画のブドウから【ル・プティ・リヨン・ド・マルキ・ド・ラス・カーズ(Le Petit Lion du Marquis de Las Cases)】 という名前の真のセカンドが造られる事になり、こちらは独立したワインとなりました。侯爵(=マルキ)の畑という名前の由来である専用の畑で、ラス・カーズとは全く別の性格を持し、 セカンドでなくなった今でもドゥロン家の所有のシャトーとしてリリースされています。 「周囲のレオヴィル・バルトン、ポワフェレ、タルボらと同じまたはそれ以上のワインでありサン・ジュリアンのテロワールの典型を表現する別のワインなのです」 と現在のオーナーであるユベール・ドゥロン氏は公言しています。また、ロバート・パーカー氏からも優良の年にはメドック格付け4級あるいは3級並み だと評価されていることから、その実力は間違いなしです!! 【限りなく1級に近い】と賞されている【レオヴィル・ラスカーズ】は、『特別なことをしなくてもテロワールが良ければいいワインが出来る』というお手本のようなシャトーなのです。 本家のラス・カーズにとって1986年は20世紀に造られた中で間違いなくトップ3に入る素晴らしいワインを生み出した年でしたが、もちろん当時セカンドだったこのワインも特筆すべき資質を備えています。ラス・カーズゆずりのエレガントな舌触り、完熟した果実から生み出された深みと奥行き、味わいの各要素は完璧な調和を見せており、偉大なボルドーというに相応しいワインです。既に飲み頃を迎えており、この先10年は楽しめるポテンシャルを秘めています。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】バラバラでもOKです! *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国 フランス ●地域 ボルドー地方 / メドック地区 / サンジュリアン村 / メドック格付け第2級 / セカンドワイン ●ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロ30%、カベルネ・フラン5% ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 モトックス 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【AOC サンジュリアン】 【メドック グラン クリュ クラッセ】 【メドック サンジュリアン】 【カベルネ ソーヴィニヨン】 【ソーヴィニョン】 【デュロン家】 【格付 サンジュリアン】 【サンジュリアン 赤 辛口 】 【クロ デュ マルキ 】 【ラスカーズ セカンド 】 【フランス 】 【ボルドー 】 【サンジュリアン】 【サン ジュリアン 】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】【】 Clos Du Marquis クロ・デュ・マルキ クロ・デュ・マルキ メドック格付第2級 AOCサン・ジュリアン 「シャトー・レオヴィル・ラスカーズ] セカンド・ラベル Clos du Marquis Second wine AOC Saint Julien サンジュリアンの極上シャトー!!人気・実力共にナンバーワンのスーパーセカンドです! メドック地区・サンジュリアン村にある、人気の「レオヴィル3兄弟」の一つです。かつて同じ畑だったレオヴィルが3分割されたのですが、当時の所有者の名前にちなんでこのラスカーズの名が付けられました。 ラスカーズは、常に“メドック1級並みの品質をもつ2級”という意味の「スーパーセカンド」の筆頭として挙げられ、サン・ジュリアン村で最も高い評価を受けています。 主要な畑は有名な1級シャトー【ラトゥール】に隣接し、ラベルにも描かれているトレードマークのライオンが座った門と、石垣に囲まれています。ジロンド川によって運ばれた砂利が堆積した、水はけの良い土壌を生かして、主にカベルネ・ソーヴィニヨンが栽培されています。 ワインは、サンジュリアンの中では最も色が濃く、飲み頃になるまでに10〜15年の年月が必要と言われる晩熟タイプ。サンジュリアンは“ポイヤックの力強さとマルゴーの繊細さを併せ持つ”と評されますが、このワインはややポイヤック寄りの、個性の強い味わいです。タンニンがたっぷりあり、ボリュームがあり、凝縮感もあり、1級のものに引けをとらないほど深遠なものに仕上がっているのです。 前オーナーのミシェル・ドゥロン氏は、80年代、90年代と、メドックで最も偉大と言われるワインを造り続けました。彼は、ボルドーでも有名な完璧主義者で、86年のようなグレート・ヴィンテージの年でさえ、収穫量の50%以上を格下げしてしまったほど品質にこだわり続けました。近年は、彼の息子が跡を継ぎ、こだわりのワイン造りを行っています。たとえば、ブドウの樹の植替えには全て「マサル・セレクション」 という方法をとっています。これは、畑の中から優れたブドウの樹を選別し、その枝から苗を育て台木に接ぎ木する方法で、非常に手間の掛かる作業です。 また、石壁に囲まれたラスカーズの中心の畑から採れたブドウで作ったワインであっても、ラスカーズの品質に満たないと判断された時には、決してブレンドには加えることはありません。平均すると、生産量のわずか「30%」しかラスカーズにならないという、非常に厳しい基準があります。 ■ロバート・M・パーカーJr. 【ボルドー第4版】より レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり、偉大なボルドー・ワインの1つである。40haを超える主要な畑はラトゥールに隣接しており、絵のように美しい。石垣に囲まれており、ワインのラベルにも描かれている。ボルドーでも最大級のシャトーで、ワインの品質にかける入念さや熱心さの点では、並ぶものこそいくつかあるにせよ、どこにも負けていない。責任者は故ミシェル・ドゥロンだったが、近年は、彼の息子であるジャン=ユベールが務めている。ミシェル・ドゥロンは気位の高い男で、尊敬を集めていたが、同じくらい軽蔑もされていた。 完璧主義者であったが、彼を批判する人々は、そしてその数は多いのだが、彼が策略をもってワインを売ると主張する。その主張によれば、偉大なヴィンテージには出し惜しみをしてささやかな量しかつくらず、人為的に価格をつり上げていたと言うのである。もっとも、その華麗な品質にけちをつけることは誰にもできまい。彼のワインは、サン=ジュリアンのみならず、メドック全体で最上のワインを造ろうというマニアックな執念の産物ばのである! 1986年のような豊作のヴィンテージに収穫高の50%以上を、あるいは1990年のように67%という驚愕すべき量を格下げしてしまう人物がほかにいるだろうか? セカンド・ワインだけでなくサード・ワイン(ビニャルノン)をも導入する人物は? 空調のきいたシェ(ワイン蔵)に気前よく大理石の床を敷く人物は? 彼が好きか嫌いかはともかく、ミシェル・ドゥロンは補佐役に有能なミシェル・ロラン(リブヌルのエノロジストではない)やジャック・ドポワジエを従えて、1980年代、1990年代のメドックで最も偉大なワインの1つをつくり続けた。その息子も父親の方針を踏襲するにとどまらない能力を持っているようだ。 第二次世界大戦後のワインにはムラがあったが、1975年以後は連続して成功を収め、2000年、1996年、1995年、1994年、1990年、1986年、1985年、1982年、1978年、1975年のようなヴィンテージには完璧に近いワインが生まれている。事実、これらのヴィンテージでは、メドックの第一級シャトーのほとんどと同じくらい深遠なワインとなっているのだ。 サン=ジュリアンにおける主要なライバルであるデュクリュ=ボーカイユーと比較すると、レオヴィル=ラス・カーズのワインは、色合いがわずかに暗く、よりタニックで、よりスケールが大きく、より凝縮味がより強く、言うまでもなく長期の貯蔵を念頭に置いてつくられている。伝統的なワインであり、適度な飲み頃になるまで10〜15年待てるだけの忍耐力を持ち合わせた事情通向けのワインである。ボルドーの1855年の格付けが見直されるようなことがあったら、レオヴィル・ラス・カーズは、デュクリュ=ボーカイユーのように、今ひょっとするとレオヴィル・バルトンやグリュオー・ラローズも一級への昇格が熱心に支持されることだろう。 〜一般的な評価〜 レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン=ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない、毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。一貫して一級並みの品質となっており、1980年代、1990年代の成績は注目すべきものだった。最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。サン=ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内にとどまっている。投機家好みのワインではないのでオークションで見かけることはめったにないが、消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。セカンド・ワインのクロ・デュ・マルキも優良であり、最良のヴィンテージには三級や四級のワインに引けをとらない。 平均年間生産量:21万6,000本 畑 面積:97.2ha 平均樹齢:30年、植樹密度:8,000本/ha、平均収量:42〜50hl/ha 育成:発酵とマセレーションは温度管理された木製、コンクリート、ステンレスの槽で12〜20日間。熟成はヴィンテージによって新樽50〜100%で12〜24ヶ月。清澄はするが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロ19%、カベルネ・フラン13%、プティ・ヴェルド3% 所有者:SCデュ・シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ(ドゥロン家)

6本〜送料無料 クロ デュ マルキ 2009 メドック格付第2級 AOCサン ジュリアンClos du Marquis 2009 AOC Saint Julien 赤 ワイン 正規品,人気SALE —— 8,100円

6本〜送料無料 ラ ダム ド モンローズ 2014 メドック格付第2級 AOCサンテステフ セカンドワイン La Dame de Montrose 2014 AOC Saint Estephe 赤 ワイン HOT,大人気

Chateau Calon Segur シャトー・カロン・セギュール サン・テステフのシャトー・ラトゥールの異名を持つメドック格付け第2級シャトー・モンローズのセカンドワイン。 メドックでも特に最高の立地とされる、ジロンド河のすぐ側に位置するシャトーに数えられる、シャトー・モンローズ。かつては、同じサン・テステフに位置する人気シャトー、カロン・セギュールの領地の一部だったこの土地は春になると丘一面にヒースの花が咲き乱れピンク色に染まっていたことから、【バラ色の山(=モン・ローズ)】と呼ばれるようになり、それがシャトーの名前となりました。1896年〜2006年まではシャルモリュ家が所有し一貫した家族経営で一時代を築き上げ、2006年以降はフランスのメディア王として知られる【マルタン・ブイグ氏】買収。シャトー・オー・ブリオンの元支配人ジャン・ベルナール・デルマス氏に続いて、ムートン・ロスチャイルド元社長のエルヴェ・ベルラン氏が支配人となり、 大幅な投資を実施したことによりその品質はさらに向上しています。 ワインの特徴は「力強く長期熟成に向く」重厚な造り。一時期(1970年代後半〜1980年代前半)軽いスタイルに変わったことはあったものの、80年代後半以降は常に「サン・テステフのラトゥール」と呼ばれるほど濃厚で力強くい長期熟成型のワインを造り、愛好家たちの心をつかんできました。そのクオリティに関しては、ロバート・パーカー氏も「格付けが見直されることがあれば、モンローズはメドックの一級に格付けされるかもしれない。」 (『ボルドー第四版』より)と賞賛するほど。ヴィンテージに左右されない安定感と重厚なスタイルが昔風のクラレット(ボルドーワイン)ということで、特にボルドーワイン好きとして名高いイギリス人からの評価が高いシャトーとして知られています。 こちらのラ・ダム・ド・モンローズ(モンローズの貴婦人)と名付けられたこのワインは、モンローズのセカンドラベル。1986年からリリースされており、1944年から1960年までシャトーの経営を一手に担っていたイヴォンヌ・シャルモリュー女史へのオマージュとして名づけられています。ファーストラベルと同様の畑、醸造法で仕込まれるほか、ファーストが新樽比率60%で18か月熟成されるのに対し、セカンドワインのラ・ダム・ド・モンローズは新樽比率30%で12か月熟成されます。メルロ比率がファーストラベルより高いのも特徴で、生産量もファーストの約半分という稀少なワインです。 【6本〜送料無料】の表示がある商品をよりどり6本以上ご購入のお客様には後ほど送料を無料に修正致します。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】 *北海道、沖縄県、離島には別途送料が掛かります。何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。 ■Information ●生産国 フランス ●地域 ボルドー地方 / メドック地区 / サン・テステフ村 / メドック格付第2級 / セカンド・ラベル ●ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン57%、メルロ37%、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド6% ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 ●醸造・熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス Chateau Montrose シャトー・モンローズ Chateau Montrose メドック格付第2級 AOCサンテステフ シャトー・モンローズ AOC Saint-Estephe Grand Cru Classe 「サンテステフのラトゥール」とも呼ばれる力強さを秘めたワイン!ボルドーの格付け2級サン・テステフ村の由緒あるシャトー『シャトー.モンローズ』。同じ村で同格付けの『シャトー・コス・デストゥールネル』の良きライバル。 ロバート・パーカー氏は満点★★★★★5ッ星生産者「モンローズはサンテステフで最も信頼できる格付シャトーであろう。最近のヴィンテージはいちばんのライバルであるコス・デス・トゥルネルとカロン・セギュールをしのいでいる。カロン・セギュールの品質が向上しているにもかかわらずだ。」と高評価! メドックの主要地区で最北部にあるサンテステフの中で、常に最上のワインを造ってきているのがシャトー・モンローズです。かつて、その土地がヒースに覆われた荒野だった頃、開花すると一面が薔薇色に染まったことから、モン(山)ローズ(薔薇)と名付けられました。 畑は、眼下にジロンド川が見渡せる高台にあり、寒い時期にも川の反射熱により暖かく保たれるため、春先の霜の害も受けにくくなっています。また、砂利の下に石灰を多く含む粘土層があるという特殊な土壌も、上質のメルローを生み出すことに一役買っているのです。このため、メドック地区よりも右岸のワインが高く評価されるような年であっても、シャトー・モンローズは高く評価されることが多いのです。 ワイン造りに関しては、いたって伝統的な手法を守っています。流行の手法など「試したこともない」といいます。立地条件と土壌の良さを信頼している証拠だと言えます。 【シャトー・ラトゥール】と並んで、“最も晩熟なワインの一つ”とされていましたが、1970年代後半から、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を減らして、メルローを増やし、従来よりも軽いスタイルへと変えていきました。しかし、1986年以降は、再びモンローズらしい力強いスタイルに戻し、まさに“超大作”とも言われるワインを生み出してきています。 年によっては、1級シャトーと同格、もしくはそれを超える評価をされ、50年の熟成にも耐えるモンローズのワイン。是非、オールド・ヴィンテージのワインでその実力を確かめてみてください。 ■ロバート・M・パーカーJr. 【ボルドー第4版】より > モンローズはメドックで最も地の利に恵まれたシャトーのひとつであり、セラーに関してはこのコミューンで最も欠点のない、清潔でよく管理されたものである。モンローズといえば、長年、安心して飲めるようになるまでに何十年間も寝かせなければならない、巨大で濃密で力強いワインとして知られてきた。たとえば1982年に、かつてのボルドーのCIVBの会長ジャン・ポール・ジョフレが、私にブラインド・テイスティングで年代を当てろと言って1908年もののモンローズを注いでくれたことがある。そのワインは十分に生き続けていて、少なくとも30年は若く感じられたものだ。 シャトーの所有者、物腰の柔らかなジャン=ルイ・シャルモリュは、濃密で耐えがたいほどタンニンの強いワインはもはや消費者に好まれないと見て、モンローズのスタイルを明らかに軽くしたことがあった。スタイルの変化は1970年代後半と1980年代前半に特に顕著で、カベルネ・ソーヴィニョンやプティ・ヴェルドの代わりにメルローが多くブレンドされるようになったのである。しかし、モンローズのファンはこの「新酒」のスタイルを歓迎しなかった。そこで1986年以降、モンローズは、1975年以前のヴィンテージを思わせる、より力強い、筋肉質なスタイルに逆戻りした。 モンローズの1989年と1990年のヴィンテージからは、確かに、1961年以降見られなかった本当に飛び上がるようなワインが生み出された。モンローズの最も偉大なヴィンテージ、1953年、1955年、1959年、1961年、1964年、1970年を味わう喜びを知ったら、誰でも、モンローズが「サンテステフのラトゥール」の名に恥じない重々しいワインの一群を生産してきたのは間違いないと認めることだろう。モンローズのワインが特に強かったのは1953年から1971年までと、1989年から現在まで。この期間につくられたワインは、普通メドック北部で生産される最上のワインの中に数えられる。 サン・テステフを訪れると、ジロンド河を望む壮大な景観に恵まれた高台に、モンローズの質素なシャトーがある。1986年以降シャルモリュ家の所有となったこのシャトーは、ぜひ訪れてみるべき場所である。古い巨大な開放型のオークの発酵槽と人目をひく新樽セラーを備えたすばらしい発酵所(キュヴェリー)がある。また、隣人の多くと同様、シャトー・モンローズには新しい、最先端の試飲室とレセプション・エリアもある。 平均年間生産量:34万本 畑 面積:68ha、平均樹齢:33年、密植度:9,000本/ha、平均産出量(過去5年間):45hl/ha 育て方:ブドウは手摘み。醸造法は伝統的なもの。発酵は21〜25日間。木の発酵槽とステンレス鋼の発酵槽を生み合わせて使用。最高温度は30〜32℃。できる限りの色とタンニンを抽出するため、もろみの循環作業(ルモンタージュ)は頻繁に行われている。熟成はオーク樽で19ヵ月間。新樽は35%。卵白で清澄処理され、澱引きは6回。瓶詰め前の濾過処理はない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロー25%、カベルネ・フラン10%

6本〜送料無料 ラ ダム ド モンローズ 2014 メドック格付第2級 AOCサンテステフ セカンドワイン La Dame de Montrose 2014 AOC Saint Estephe 赤 ワイン HOT,大人気 —— 4,200円

6本以上送料無料 ジャン ブシャー シュペートブルグンダー エディション -S- Q.b.A. トロッケン 2003 ジャン ブシャー Jean Buscher Spaetburgunder Edition -S- Q.b.A. trocken 2003

ジャン・ブシャー氏は、ワインを芸術作品と称し、従来の常識にとらわれることのないワイン造りを行なっています。 特に代表する、世界的にも珍しい、渋みのない甘口の赤ワインは、世界中に熱烈なファンを抱えています。 こちらは人気のシュペートブルグンダーのスペシャルキュベを使用のワインです。 香り高くフルティーでなめらか、淡い色調の赤ワインです。 ■Information 国 ドイツ 産地 ラインヘッセン(Rheinhessen)地域 / ヴォンネガウ地区(Wonnegau)、ベヒトハイム(Bechtheim) ブドウ品種 シュペートブルグンダー(ピノノワール)100% タイプ 赤・辛口・ミディアムボディ アルコール:12.6%、残糖:5.9g/L、酸:5.1g/L 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Jean Buscher ジャン・ブシャー醸造所 ドイツのラインヘッセン地域にある家族経営のジャン・ブシャー醸造所。 当主のミヒャエル・ブシャー氏は芸術に造詣が深く、醸造所内にはいたるところに絵や彫刻が展示され、まるで美術館のような雰囲気を醸し出しています。 また氏は毎年有名なアーティストにラベルを委託しており、ワインそのものが彼の芸術作品となっています。 このような感性の下で生み出される、上品で洗練された彼のワインは飲む人を魅了しています。 芸術をこよなく愛する、ジャン・ブシャー醸造所の当主ミヒャエル・ブシャー氏。 ドイツワイン・ガイド「ゴーミヨ」誌 には、ワイングート・ジャン・ブシャーのページで、 「毎年有名なアーティストにラベルのデザインを委託しています。その上デザインはメタルに浮き彫りし、多くの絵や彫刻とともに古い木樽のセラーに贈られます。 ワインの品質もその輝く贈り物にマッチしています。ケラーマイスター、ヨーヘン・ドゥリュック氏の参加によって活気づけられ、ここ数年の間に、ワインは求める消費者の期待を裏切らないものとなっています。」 と記述されています。

6本以上送料無料 ジャン ブシャー シュペートブルグンダー エディション -S- Q.b.A. トロッケン 2003 ジャン ブシャー Jean Buscher Spaetburgunder Edition -S- Q.b.A. trocken 2003  —— 3,600円

6本以上送料無料 ジャン ブシャー ドルンレースヒェン Q.b.A. 眠り姫 赤 ジャン ブシャー Jean Buscher Dornroschen Q.b.A. Weingut Jean Buscher ドイツ 赤 ワイン 甘口 人気セール,100%新品

ジャン・ブシャー氏は、ワインを芸術作品と称し、従来の常識にとらわれることのないワイン造りを行なっています。 特に代表する、世界的にも珍しい、渋みのない甘口の赤ワインは、世界中に熱烈なファンを抱えています。 アロマティックでチャーミング!ワンクラス上の赤・甘口!2種類のぶどうから造られた、今までとは全く違った、渋みが無く充分な甘さを持った赤ワインです。 ジャン・ブシャー氏の看板ワイン、「眠り姫」。 濃色で華やかに広がるベリー系の香り、穏やかな渋みが特徴の、ドイツで最も成功したといわれている配合種のドルンフェルダーと、イタリア原産で、ドイツではわずか700株ほどしか植えられていない赤の甘口用品種のローゼンムスカテラーのブレンドです。 名前の由来も、Dornfelderの「Dorn」と、Rosenmuskatellerの「Rose」、そして小さな愛らしいものを意味するChen(○○ちゃん)をくっつけて、ドイツ語で「眠り姫」を意味するDornroschenとなっています。 コルクを開けるとたちまち広がるラズベリーのような香り、口の中に上品に広が綺麗な甘みが飲む人を魅了します。綺麗なプリント瓶もその魅力の一つです。 尚、ヴィンテージ表記がないのは、ジャン・ブシャー氏いわく「眠り姫は年をとらないから」だそうです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインヘッセン(Rheinhessen)地域 / ヴォンネガウ地区(Wonnegau)、ベヒトハイム(Bechtheim) ●ブドウ品種 ドルンフェルダー、ローゼンムスカテラー ●タイプ 赤・甘口・ミディアムボディ アルコール13.1%、残糖1.0g/l、酸度7.5g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】 【】 Weingut Jean Buscher ジャン・ブシャー醸造所 ドイツのラインヘッセン地域にある家族経営のジャン・ブシャー醸造所。 当主のミヒャエル・ブシャー氏は芸術に造詣が深く、醸造所内にはいたるところに絵や彫刻が展示され、まるで美術館のような雰囲気を醸し出しています。また、氏は毎年有名なアーティストにラベルを委託しており、ワインそのものが彼の芸術作品となっています。このような感性の下で生み出される、上品で洗練された彼のワインは飲む人を魅了しています。 芸術をこよなく愛する、ジャン・ブシャー醸造所の当主ミヒャエル・ブシャー氏。 ドイツワイン・ガイド「ゴーミヨ」誌 には、ワイングート・ジャン・ブシャーのページで、 「毎年有名なアーティストにラベルのデザインを委託しています。その上デザインはメタルに浮き彫りし、多くの絵や彫刻とともに古い木樽のセラーに贈られます。ワインの品質もその輝く贈り物にマッチしています。ケラーマイスター、ヨーヘン・ドゥリュック氏の参加によって活気づけられ、ここ数年の間に、ワインは求める消費者の期待を裏切らないものとなっています。」 と記述されています。

6本以上送料無料 ジャン ブシャー ドルンレースヒェン Q.b.A. 眠り姫 赤 ジャン ブシャー Jean Buscher Dornroschen Q.b.A. Weingut Jean Buscher ドイツ 赤 ワイン 甘口 人気セール,100%新品 —— 3,000円

6本以上送料無料 ネッケンマルクト アルテ レーベン 2008 モリック Neckenmarkt Alte Reben 2008 Moric 辛口 赤 ワイン オーストリア オーストリー 全国無料,新作

Weingut Moric モリック醸造所 『超エレガント・ブラウフレンキッシュを世界に届ける孤高の天才!』 世界のどの地域の模倣でもない、オーストリアが世界に誇れる赤ワインを造ろうと2001年に独立した醸造所です。 実質全ての行程を当主でもある【ローラント・フェリッヒ】さんが行っています。ハンガリー国境にほど近い街に醸造所はあります。畑は全部で12.5haとできるワインも非常に希少。1haのツヴァイゲルトを除いては全て【ブラウフレンキッシュ】というところからも彼の並々ならない意気込みが伝わってきます。 すべてがブラウフレンキッシュということからも、この品種にかける意気込みが伝わってきます。あくまでもフィネスとエレガンスを追求。小樽、新樽は一切使用しません。ノン・フィルター、天然酵母発酵。 年産5500本。ロマネ・コンティなみの生産量です。樹齢38〜80年スケールの大きさを感じるグラン・クリュクラスのワインです。このワインにパーカー氏は赤ワインではオーストリア初の95点をつけています。 樹齢 39〜82年 収量 25hl/ha オークの解放桶にて醸し発酵23日間 500Lオーク樽にて20カ月熟成 ネッケンマルクト村の南東向け急斜面の一番良い区画から厳選した古木を使用。75%は粘板岩土壌、20%は石灰岩、残り5%は黄土層に畑はあります。 北側は森となっており夜に冷気がおりてくるため、寒暖の差がしっかりあります。標高も400mと高く、収穫はこの地域ではかなり遅い10月半ば。スケールの大きさを感じさせる文字通りモリックが誇るグランクリュです。 ■Information ●生産国 オーストリア(オーストリー) ●地域 ヴァインラント・エスタライヒ(Weinland Osterreich)地方/ブルゲンラント(burgenland)州/ミッテルブルゲンラントDAC(MittelburgenlandDAC) ●ブドウ品種 ブラウフレンキッシュ 100% ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 アルコール14.0%、残糖1.1g/l、酸6.2g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Moric モリック醸造所 Weingut Moric モリック醸造所 『超エレガント・ブラウフレンキッシュを世界に届ける孤高の天才!』有名ワイン情報誌【Wine & Spirits】の【オーストリア 2009 ワイナリーオブザイヤー】を受賞!オーストリアワインで赤ワイン生産者といえば、この人を抜きに語ることはできません!! これがオーストリアの土着品種[ブラウフレンキッシュ]のパワーです! モリッツのワイナリーがある、ワイン生産地域ブルゲンラントはオーストリーの中で一番東に位置する産地。いわゆるハンガリーからの温暖なパノニア気候の影響を大きく受ける産地です。こちらの産地で盛んなのが赤ワイン。その中でも高級品種は【ブラウフレンキッシュ】です。 世界のどの地域の模倣でもない、オーストリアが世界に誇れる赤ワインを造ろうと2001年に独立した醸造所です。実質全ての行程を当主でもある【ローラント・フェリッヒ】さんが行っています。ハンガリー国境にほど近い街に醸造所はあります。畑は全部で12.5haとできるワインも非常に希少。1haのツヴァイゲルトを除いては全てブラウフレンキッシュというところからも彼の並々ならない意気込みが伝わってきます。平均収量は30hl、あくまでもフィネスとエレガントを追求する彼はいわゆる小樽、新樽を一切使用しません。 彼のワインは全てノンフィルター、天然酵母発酵 です。全てのシリーズが500L〜400Lのオークの大樽(オーストリア、ファルツ、アルザス産)にて、18ヶ月〜20ヶ月の熟成を経てリリースされます。 是非この機会に「孤高の天才」 の造るエレガント・ブラウフレンキッシュをお試し下さい。 本当にこんな赤ワインがオーストリアで造られていると驚きです。モリック醸造所の孤高の天才「ローラント・フェリッヒ氏」!と呼ばれるのも納得です!オーストリア好きのみならず、赤ワインが好きな方にも是非覚えていただきたい名前・そしてこの人のワインを飲んでいただきたいと思う、とにかく天才の素晴らしい造り手です! なぜ「孤高の天才」かというと、オーストリアは今、辛口グリューナーフェルトリーナーの白ワインが世界的大人気なんです!流行りに流されず赤ワインにこだわった、しかもオーストリアの土着品種である「ブラウフレンキッシュ」を追及するという、こだわりよう。 私自身も「ブラウフレンキッシュ」にはあまり期待しないで飲ました。 しかし、本当に美味しいくて目からうろこが落ちました。「超エレガント」という言葉が似合う! ローラント氏は常に偉大な赤ワインを造りたいという気持ちを持ち続けていて、フランスでも超一流生産者である、ロマネ・コンティやメオ・カミュゼやシャーヴを訪ねるうち自分の理想とするワインのスタイルを確立したそうです。 そして、彼がオーストリアでついに見つけた畑はオーストリアのワイン産地の中でも南の方に位置する、【ノイジードラーゼー=ヒューゲルラント】。ハンガリーからの温暖なパノニア気候の影響で比較的温暖な地域になっていて、上質な赤ワインができるポテンシャルをもったテロワールです。 オーストリアの白ワインは繊細なワインで多いことで有名ですが、間違いなくここの赤ワインも非常に繊細で、全てにおいて素晴らしいポテンシャルを秘めています。 是非この機会に【モリック醸造所】のオーストリア最高峰のワインをお試し下さい!

6本以上送料無料 ネッケンマルクト アルテ レーベン 2008 モリック Neckenmarkt Alte Reben 2008 Moric 辛口 赤 ワイン オーストリア オーストリー 全国無料,新作 —— 11,200円

6本以上送料無料 ブロイヤー シュペート ブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2006 ゲオルク ブロイヤー Breuer Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2006 Georg Breuer ドイツ 辛口 赤 ワイン ライン

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、畑の一部でビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践されています。 ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ「ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)」、別名「酔っ払い横丁」で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で「リューデスハイム・シュロス」という名のホテル・酒場も経営しています。 ブロイヤーの最良の畑から収穫されたシュペートブルグンダーを100%使用し、バリックで熟成させたラインガウでは 珍しい赤ワイン。ブルゴーニュに限りなく近いニュアンスがありますが、でも、どこかブルゴーニュとは違う、洗練された果実味があります。 シュペート・ブルグンダー種(ピノノワール種と同品種)は、今後、さらに注目されていくと思います。 ドイツの赤ワインに挑戦してみる価値があると思います。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim) ●ブドウ品種 シュペートブルグンダー(ピノノワール)100% ●タイプ 赤・辛口・フルボディ アルコール:13.1%、残糖:0.1g/L、酸:5.4g/L ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ 株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【ドイツ】 【ラインガウ】 【ヨハニス】 【Georg Breuer】 【ゲオルグ ブロイヤー】 【ゲオルグ・ブロイヤー】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】 【】 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】! フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。 「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカも訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するドイツワインは国内より甘口にしていることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑である『ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)』畑 をリリースしました。 また、 「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックの産物ではなく、農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト! ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化しているのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」 醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。 豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。 ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」 ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40〜45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」 ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25〜45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。 やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』 (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック)

6本以上送料無料 ブロイヤー シュペート ブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2006 ゲオルク ブロイヤー Breuer Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2006 Georg Breuer ドイツ 辛口 赤 ワイン ライン —— 5,200円

6本以上送料無料 ブロイヤー シュペートブルグンダー B Q.b.A. トロッケン 2013 ゲオルク ブロイヤー Breuer Spaetburgunder B Q.b.A. trocken 2013 Georg Breuer ドイツ 赤 ワイン 辛口

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、畑の一部でビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践されています。 ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ「ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)」、別名「酔っ払い横丁」で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で「リューデスハイム・シュロス」という名のホテル・酒場も経営しています。 ゲオルク・ブロイヤーが造り出す赤ワイン!!驚愕の品質! ブロイヤーの最良の畑から収穫されたシュペートブルグンダーを100%使用し、バリックで熟成させたラインガウでは珍しい赤ワイン。『B』というのは、ベルククラッセン (急傾斜)という意味で、日照条件、水はけなど最高の条件を備えた場所でピノ・ノワールを使用しています。 濃い色調をもっており、ピノの特徴であるラズベリーやチェリーの芳香 が漂います。 香りとは想像できないような重みを感じ、果実味と樽香のバランスはさすがといえるほど素晴らしい調和を保っています。こんなに飲み応えがあるとはさすがブロイヤーというべきワインと思います。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim) ●ブドウ品種 シュペート・ブルグンダー(ピノ・ノワール)100% [B] 『B』というのは、ベルククラッセン (急傾斜)という意味 ●タイプ 赤・辛口・フルボディ アルコール13.0%、残糖0.2g/l、酸度5.8g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ 株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【ドイツ】 【ラインガウ】 【ヨハニス】 【Georg Breuer】 【ゲオルグ ブロイヤー】 【ゲオルグ・ブロイヤー】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】 【】 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】! フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。 「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカも訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するドイツワインは国内より甘口にしていることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑である『ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)』畑 をリリースしました。 また、 「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックの産物ではなく、農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト! ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化しているのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」 醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。 豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。 ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」 ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40〜45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」 ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25〜45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。 やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』 (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック)

6本以上送料無料 ブロイヤー シュペートブルグンダー B Q.b.A. トロッケン 2013 ゲオルク ブロイヤー Breuer Spaetburgunder B Q.b.A. trocken 2013 Georg Breuer ドイツ 赤 ワイン 辛口  —— 6,900円

6本以上送料無料 ルッツマンスブルク アルテ レーベン 2011 モリック Lutzmannsburg Alte Reben 2011 Moric 辛口 赤 ワイン オーストリア オーストリー 大得価,定番

Weingut Moric モリック醸造所 『超エレガント・ブラウフレンキッシュを世界に届ける孤高の天才!』 世界のどの地域の模倣でもない、オーストリアが世界に誇れる赤ワインを造ろうと2001年に独立した醸造所です。 実質全ての行程を当主でもある【ローラント・フェリッヒ】さんが行っています。ハンガリー国境にほど近い街に醸造所はあります。畑は全部で12.5haとできるワインも非常に希少。1haのツヴァイゲルトを除いては全て【ブラウフレンキッシュ】というところからも彼の並々ならない意気込みが伝わってきます。 すべてがブラウフレンキッシュということからも、この品種にかける意気込みが伝わってきます。あくまでもフィネスとエレガンスを追求。小樽、新樽は一切使用しません。ノン・フィルター、天然酵母発酵。 年産5500本。ロマネ・コンティなみの生産量です。樹齢38〜80年スケールの大きさを感じるグラン・クリュクラスのワインです。このワインにパーカー氏は赤ワインではオーストリア初の95点をつけています。 樹齢:39〜82年、収量:25hl/ha、オークの解放桶にて醸し発酵23日間、500Lオーク樽にて20カ月熟成。 北側は森となっており夜に冷気がおりてくるため、寒暖の差がしっかりあります。標高も400mと高く、収穫はこの地域ではかなり遅い10月半ば。スケールの大きさを感じさせる文字通りモリックが誇るグランクリュです。 最高110年の古木のブドウも使用しています。濃いガーネット色で、黒い果実やスミレの香り。極度の収量制限による凝縮度が素晴らしいワイン! ■Information ●生産国 オーストリア(オーストリー) ●地域 ヴァインラント・エスタライヒ(Weinland Osterreich)地方/ブルゲンラント(burgenland)州/ミッテルブルゲンラントDAC(MittelburgenlandDAC) ●ブドウ品種 ブラウフレンキッシュ 100% ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 アルコール14.0%、残糖1.1g/l、酸6.2g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Moric モリック醸造所 Weingut Moric モリック醸造所 『超エレガント・ブラウフレンキッシュを世界に届ける孤高の天才!』有名ワイン情報誌【Wine & Spirits】の【オーストリア 2009 ワイナリーオブザイヤー】を受賞!オーストリアワインで赤ワイン生産者といえば、この人を抜きに語ることはできません!! これがオーストリアの土着品種[ブラウフレンキッシュ]のパワーです! モリッツのワイナリーがある、ワイン生産地域ブルゲンラントはオーストリーの中で一番東に位置する産地。いわゆるハンガリーからの温暖なパノニア気候の影響を大きく受ける産地です。こちらの産地で盛んなのが赤ワイン。その中でも高級品種は【ブラウフレンキッシュ】です。 世界のどの地域の模倣でもない、オーストリアが世界に誇れる赤ワインを造ろうと2001年に独立した醸造所です。実質全ての行程を当主でもある【ローラント・フェリッヒ】さんが行っています。ハンガリー国境にほど近い街に醸造所はあります。畑は全部で12.5haとできるワインも非常に希少。1haのツヴァイゲルトを除いては全てブラウフレンキッシュというところからも彼の並々ならない意気込みが伝わってきます。平均収量は30hl、あくまでもフィネスとエレガントを追求する彼はいわゆる小樽、新樽を一切使用しません。 彼のワインは全てノンフィルター、天然酵母発酵 です。全てのシリーズが500L〜400Lのオークの大樽(オーストリア、ファルツ、アルザス産)にて、18ヶ月〜20ヶ月の熟成を経てリリースされます。 是非この機会に「孤高の天才」 の造るエレガント・ブラウフレンキッシュをお試し下さい。 本当にこんな赤ワインがオーストリアで造られていると驚きです。モリック醸造所の孤高の天才「ローラント・フェリッヒ氏」!と呼ばれるのも納得です!オーストリア好きのみならず、赤ワインが好きな方にも是非覚えていただきたい名前・そしてこの人のワインを飲んでいただきたいと思う、とにかく天才の素晴らしい造り手です! なぜ「孤高の天才」かというと、オーストリアは今、辛口グリューナーフェルトリーナーの白ワインが世界的大人気なんです!流行りに流されず赤ワインにこだわった、しかもオーストリアの土着品種である「ブラウフレンキッシュ」を追及するという、こだわりよう。 私自身も「ブラウフレンキッシュ」にはあまり期待しないで飲ました。 しかし、本当に美味しいくて目からうろこが落ちました。「超エレガント」という言葉が似合う! ローラント氏は常に偉大な赤ワインを造りたいという気持ちを持ち続けていて、フランスでも超一流生産者である、ロマネ・コンティやメオ・カミュゼやシャーヴを訪ねるうち自分の理想とするワインのスタイルを確立したそうです。 そして、彼がオーストリアでついに見つけた畑はオーストリアのワイン産地の中でも南の方に位置する、【ノイジードラーゼー=ヒューゲルラント】。ハンガリーからの温暖なパノニア気候の影響で比較的温暖な地域になっていて、上質な赤ワインができるポテンシャルをもったテロワールです。 オーストリアの白ワインは繊細なワインで多いことで有名ですが、間違いなくここの赤ワインも非常に繊細で、全てにおいて素晴らしいポテンシャルを秘めています。 是非この機会に【モリック醸造所】のオーストリア最高峰のワインをお試し下さい!

6本以上送料無料 ルッツマンスブルク アルテ レーベン 2011 モリック Lutzmannsburg Alte Reben 2011 Moric 辛口 赤 ワイン オーストリア オーストリー 大得価,定番 —— 15,200円

6本以上送料無料 ルージュ シュペート ブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2014 ゲオルク ブロイヤー Rouge Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2014 Georg Breuer ドイツ 赤 ワイン ラインガウ 定番

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、畑の一部でビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践されています。 ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ「ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)」、別名「酔っ払い横丁」で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で「リューデスハイム・シュロス」という名のホテル・酒場も経営しています。 ブロイヤーの最良の畑から収穫されたシュペートブルグンダーを100%使用し、バリックで熟成させたラインガウでは 珍しい赤ワイン。オークの風味はなくピノ・ノワールの果実味を最大限に引き出されたもの。 ゲオルグ・ブロイヤーのハイコスト・パフォーマンスのシュペート・ブルグンダー!鮮やかで輝いたルビーカラー!がとてもきれいです。ラズベリーのフレッシュな香りとブラックベリー、ダークチェリーのような濃い果実香があります。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim) ●ブドウ品種 シュペートブルグンダー(ピノノワール)100% ●タイプ 赤・辛口・フルボディ アルコール11.8%、糖度0.1g/l、酸度5.4g/l ●醸造・熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】! フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。 「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカも訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するドイツワインは国内より甘口にしていることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑である『ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)』畑 をリリースしました。 また、 「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックの産物ではなく、農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト! ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化しているのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」 醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。 豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。 ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」 ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40〜45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」 ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25〜45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。 やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』 (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック)

6本以上送料無料 ルージュ シュペート ブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2014 ゲオルク ブロイヤー Rouge Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2014 Georg Breuer ドイツ 赤 ワイン ラインガウ 定番 —— 2,900円

6本以上送料無料商品 シュペート ブルグンダー R ツェントグラーフェンベルク Q.b.A. トロッケン 2007 ルドルフ フュルスト Spaetburgunder R Centgrafenberg Q.b.A. trocken 2007 Rudolf

2003年度ドイツ最優秀醸造家賞受賞の造り手。 1638年からの歴史を持つ家族経営の生産者です。1975年父の死後、弱冠21才で家業を継いだ息子のパウルは以後この蔵をフランケンのトップまで押し上げ、現在は息子のセバスチャンも醸造に加わっています。現在の醸造所は木組造りの街並みが美しいミルテンベルク郊外のビュルクシュタット・ツェントグラーフェンベルクの畑に接して1979年に建てられています。 所有面積17.6ha、シュペートブルグンダー(40%)、フリューブルグンダー(10%)と、赤ワイン品種が半分を占めています。 彩色砂岩の一級畑ツェントグラーフェンベルクからドイツトップクラスの赤ワインや極めて評判の高い白ワインが造られ、最近では2004年に取得したマイン川沿いのクリンゲンベルガー・シュロスベルク(1.3Ha)からもすごぶる上質の赤が生まれています。 フランケン地方特有のボックスボイテル型のボトルではなく、珍しいボルドー型のボトルで登場! フランケンの最高峰ともいうべきワインです。 フュルスト・ピノノワールの真髄! 落ち着いたルビーカラーの光を放っています。色合いはやや薄い色調。ベリー、ダークチェリー、なめし皮、トースト、土の香り、ミネラルの香りがあります。 口に含んだ瞬間に、ボリュームのある果実味を感じで、タンニン、エレガントながら とても印象深い味わいです。色合いからはそのボリュームは想像できませんでした。アフターもものすごく長く、ピノノワールのエキスパートと言われる理由がうなずける。 ゴーミヨ:93点 アイヒェルマン:90点 ■Information 国 ドイツ 産地 フランケン(Franken)地域、マインフィアエック(Mainviereck)地区、ビュルクシュタット(Buergstadt) ブドウ品種 シュペートブルグンダー100%タイプ 赤・辛口・フルボディ アルコール:13.6%、残糖:0.7g/l、酸度:5.2g/l L 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Rudolf Furst ルドルフ・フュルスト醸造所 ピノ・ノワール産地としてのフランケンを世界にうならせた『孤高の才能』! 1638年からの歴史を持つ家族経営の生産者です。1975年父の死後、弱冠21才で家業を継いだ息子のパウルは以後この蔵をフランケンのトップまで押し上げ、現在は息子のセバスチャンも醸造に加わっています。現在の醸造所は木組造りの街並みが美しいミルテンベルク郊外のビュルクシュタット・ツェントグラーフェンベルクの畑に接して1979年に建てられています。 所有面積17.6ha、シュペートブルグンダー(40%)、フリューブルグンダー(10%)と、赤ワイン品種が半分を占めています。彩色砂岩の一級畑ツェントグラーフェンベルクからドイツトップクラスの赤ワインや極めて評判の高い白ワインが造られ、最近では2004年に取得したマイン川沿いのクリンゲンベルガー・シュロスベルク(1.3ha)からも素晴らしい上質の赤が生まれています。 トップワイナリーはルドルフ・フュルスト醸造所!ゴー・ミヨー【ドイツ・ワインガイド 2003】 2003年に選ばれたのはフランケンでした。それもヴュルツブルクを中心とした、伝統的な著名醸造所が集まる地域ではなく、西のフランクフルトに近いマインフィーアエック(Mainviereck)地区ビュルクシュタット村(Burgstadt)のルドルフ・フュルスト醸造所でした。1994年の初版を見れば、すでに20点中17点で、フランケンのベスト4のひとつでした。1975年に父親をなくしたパウル・フュルスト氏は、すぐにガイゼンハイムのワイン大学を中退し家業を継ぎます。 フランケンと言えば辛口の白ワインが有名ですが、この村の周辺は古典的な赤ワインの生産地でもありました。その歴史を再興しようと積極的に赤ワイン造りを進め、現在ではフランケンの赤ワイン生産者のリーダー、さらにドイツを代表する赤ワイン生産者の一人に登りつめました。 畑は約16ha、赤ワイン品種と白ワイン品種の割合はほぼ半々。主力は赤のシュペートブルグンダーで全体の40%となっています。今回の受賞に貢献したのは、主にこの赤ワインですが、辛口の白ワインもリースリングのみならずブルゴーニュ系の品種も高い評価を受けています。全体的に外れのない高い品質を誇っているのが特徴でしょう。甘口ワインは例外的で、アウスレーゼ以上は極少量、稀にアイスワイン、貴腐ワインが作られる程度。 【TRIAS】という声明は平凡なワインを代表するものではありません。シルヴァーナーはドイツで最も古い品種の一つ。以前はドイツ栽培地域で広く普及していましたが、 この30年間の間にミュラートルガウに殆ど全地域で一位の座を奪われました。その理由は消費者がブーケの香りを強調したタイプに好みを変化させたことにあります。 シルヴァーナーはむしろニュートラルで個性とエレガントさには欠けるマイルドなワインですが、 フランケン地方では優れたワインが綿々と作られており、辛口志向はシルヴァーナーにとって歓迎すべき傾向です。 ある有名な生産者がいうには、シルヴァーナーが最も葡萄の個性を発揮する、 最も適した畑があるのは、フランケン地方とラインヘッセンといっておりました。フュルストの類いまれなるシュペート・ブルグンダー (ピノノワール)は、鉄分を多く含む土壌から生まれており、非常に個性的なテロワールが見事に表現されている逸品! この赤ワインも見逃すことのできません。 【トリアス(TRIAS)】 【トリアス(TRIAS)】とは高い評価を受けているフランケン地方の5つのワイン生産所の友好同盟です。それはフランケンワインの珠玉の雫 、飲む人を必ず虜にさせるグルメなワインです! 土壌やミクロクリマ(畑特有の局地的気候)やブドウ畑の形状など、いわゆる 「テロワール」 を重視してその土地に相応しく個性的で明確な構造のワインの生産を完全なものにしていこうとフランケンのワイン生産者5人のすでに名声を博す醸造家たちが手を結びました。フランケンワインの素晴らしさを伝え相互に学びあうことが第一目的とのことです。 【トリアス(TRIAS)】の層々たるメンバーは、 レーヴェンシュタイン、ヨハンルック、シュトゥールライン、シュミット・キンダー、フュルスト醸造所 のオーナー達です。 【トリアス(TRIAS)】は【三畳系】の意。地質学の歴史で2億2千500年前から1億8千万年前の 中生代を表します。このころ雑色砂岩、貝殻石灰石、石灰質粘土といった 岩盤層が推積され、この土壌が現在のフランケンを特色付けること、そしてこのメンバーがこの地質を生かしたワイン造りを目指していることから付けられたそうです。 【TRAIAS】の名を冠するには? 各々の所有する最高の畑から、ジルヴァーナー、リースリング、シュペート・ブルグンダー(ピノ・ノワール)、ヴァイサー・ブルグンダー(ピノ・ブラン)の4種類の品種のみを用い、自然な栽培で収量を抑え、自然な醸造をし、メンバー5人によるブラインドテストで決定します。

6本以上送料無料商品 シュペート ブルグンダー R ツェントグラーフェンベルク Q.b.A. トロッケン 2007 ルドルフ フュルスト Spaetburgunder R Centgrafenberg Q.b.A. trocken 2007 Rudolf  —— 12,400円

6本以上送料無料商品 シュペートブルグンダー トラディション Q.b.A. トロッケン 2009 ルドルフ フュルスト Spaetburgunder Tradition Q.b.A. trocken 2009 Rudolf Furst ドイツ 辛口 赤 ワ

2003年度ドイツ最優秀醸造家賞受賞の造り手。 1638年からの歴史を持つ家族経営の生産者です。1975年父の死後、弱冠21才で家業を継いだ息子のパウルは以後この蔵をフランケンのトップまで押し上げ、現在は息子のセバスチャンも醸造に加わっています。 現在の醸造所は木組造りの街並みが美しいミルテンベルク郊外のビュルクシュタット・ツェントグラーフェンベルクの畑に接して1979年に建てられています。 所有面積17.6ha、シュペートブルグンダー(40%)、フリューブルグンダー(10%)と、赤ワイン品種が半分を占めています。 彩色砂岩の一級畑ツェントグラーフェンベルクからドイツトップクラスの赤ワインや極めて評判の高い白ワインが造られ、最近では2004年に取得したマイン川沿いのクリンゲンベルガー・シュロスベルク(1.3Ha)からもすごぶる上質の赤が生まれています。 フランケン地方特有のボックスボイテル型のボトルではなく、珍しいボルドー型のボトルで登場! 濃い色合いで、赤いベリー系の香と凝縮した果実味があり、心地よい渋みがじんわりと広がります。 赤ワインが苦手な方でも飲みやすいタイプに仕上がっています。ラズベリーやストロベリー、赤チェリーを感じさせる香と、ほんのり紅茶の香が交じる。タンニンや酸味とのバランスが良いので食中から食後を通して楽しめる1本です。 ■Information 国 ドイツ 産地 フランケン(Franken)地域、マインフィアエック(Mainviereck)地区、ビュルクシュタット(Buergstadt) ブドウ品種 シュペートブルグンダー100%タイプ 赤・辛口・ミディアムボディ アルコール:12.0%、残糖:4.4g/L、酸:6.8g/L 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Rudolf Furst ルドルフ・フュルスト醸造所 ピノ・ノワール産地としてのフランケンを世界にうならせた『孤高の才能』! 1638年からの歴史を持つ家族経営の生産者です。1975年父の死後、弱冠21才で家業を継いだ息子のパウルは以後この蔵をフランケンのトップまで押し上げ、現在は息子のセバスチャンも醸造に加わっています。現在の醸造所は木組造りの街並みが美しいミルテンベルク郊外のビュルクシュタット・ツェントグラーフェンベルクの畑に接して1979年に建てられています。 所有面積17.6ha、シュペートブルグンダー(40%)、フリューブルグンダー(10%)と、赤ワイン品種が半分を占めています。彩色砂岩の一級畑ツェントグラーフェンベルクからドイツトップクラスの赤ワインや極めて評判の高い白ワインが造られ、最近では2004年に取得したマイン川沿いのクリンゲンベルガー・シュロスベルク(1.3ha)からも素晴らしい上質の赤が生まれています。 トップワイナリーはルドルフ・フュルスト醸造所!ゴー・ミヨー【ドイツ・ワインガイド 2003】 2003年に選ばれたのはフランケンでした。それもヴュルツブルクを中心とした、伝統的な著名醸造所が集まる地域ではなく、西のフランクフルトに近いマインフィーアエック(Mainviereck)地区ビュルクシュタット村(Burgstadt)のルドルフ・フュルスト醸造所でした。1994年の初版を見れば、すでに20点中17点で、フランケンのベスト4のひとつでした。1975年に父親をなくしたパウル・フュルスト氏は、すぐにガイゼンハイムのワイン大学を中退し家業を継ぎます。 フランケンと言えば辛口の白ワインが有名ですが、この村の周辺は古典的な赤ワインの生産地でもありました。その歴史を再興しようと積極的に赤ワイン造りを進め、現在ではフランケンの赤ワイン生産者のリーダー、さらにドイツを代表する赤ワイン生産者の一人に登りつめました。 畑は約16ha、赤ワイン品種と白ワイン品種の割合はほぼ半々。主力は赤のシュペートブルグンダーで全体の40%となっています。今回の受賞に貢献したのは、主にこの赤ワインですが、辛口の白ワインもリースリングのみならずブルゴーニュ系の品種も高い評価を受けています。全体的に外れのない高い品質を誇っているのが特徴でしょう。甘口ワインは例外的で、アウスレーゼ以上は極少量、稀にアイスワイン、貴腐ワインが作られる程度。 【TRIAS】という声明は平凡なワインを代表するものではありません。シルヴァーナーはドイツで最も古い品種の一つ。以前はドイツ栽培地域で広く普及していましたが、 この30年間の間にミュラートルガウに殆ど全地域で一位の座を奪われました。その理由は消費者がブーケの香りを強調したタイプに好みを変化させたことにあります。 シルヴァーナーはむしろニュートラルで個性とエレガントさには欠けるマイルドなワインですが、 フランケン地方では優れたワインが綿々と作られており、辛口志向はシルヴァーナーにとって歓迎すべき傾向です。 ある有名な生産者がいうには、シルヴァーナーが最も葡萄の個性を発揮する、 最も適した畑があるのは、フランケン地方とラインヘッセンといっておりました。フュルストの類いまれなるシュペート・ブルグンダー (ピノノワール)は、鉄分を多く含む土壌から生まれており、非常に個性的なテロワールが見事に表現されている逸品! この赤ワインも見逃すことのできません。 【トリアス(TRIAS)】 【トリアス(TRIAS)】とは高い評価を受けているフランケン地方の5つのワイン生産所の友好同盟です。それはフランケンワインの珠玉の雫 、飲む人を必ず虜にさせるグルメなワインです! 土壌やミクロクリマ(畑特有の局地的気候)やブドウ畑の形状など、いわゆる 「テロワール」 を重視してその土地に相応しく個性的で明確な構造のワインの生産を完全なものにしていこうとフランケンのワイン生産者5人のすでに名声を博す醸造家たちが手を結びました。フランケンワインの素晴らしさを伝え相互に学びあうことが第一目的とのことです。 【トリアス(TRIAS)】の層々たるメンバーは、 レーヴェンシュタイン、ヨハンルック、シュトゥールライン、シュミット・キンダー、フュルスト醸造所 のオーナー達です。 【トリアス(TRIAS)】は【三畳系】の意。地質学の歴史で2億2千500年前から1億8千万年前の 中生代を表します。このころ雑色砂岩、貝殻石灰石、石灰質粘土といった 岩盤層が推積され、この土壌が現在のフランケンを特色付けること、そしてこのメンバーがこの地質を生かしたワイン造りを目指していることから付けられたそうです。 【TRAIAS】の名を冠するには? 各々の所有する最高の畑から、ジルヴァーナー、リースリング、シュペート・ブルグンダー(ピノ・ノワール)、ヴァイサー・ブルグンダー(ピノ・ブラン)の4種類の品種のみを用い、自然な栽培で収量を抑え、自然な醸造をし、メンバー5人によるブラインドテストで決定します。

6本以上送料無料商品 シュペートブルグンダー トラディション Q.b.A. トロッケン 2009 ルドルフ フュルスト Spaetburgunder Tradition Q.b.A. trocken 2009 Rudolf Furst ドイツ 辛口 赤 ワ —— 2,900円

6本以上送料無料商品 フーバー シュペートブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2015 ベルンハルト フーバー Huber Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2015 Weingut Bernhard Huber ドイツ 辛口

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 ヴィンテージ2009年からユンゲレーベンの表記がなくなりました。 今まで若木のクラスとして位置づけしていましたが、ブドウの樹齢が高くなり、本来ならもう一つ上のランクの【マルターディンガー】として販売してもおかしくないレベル にまで達したそうです。よってユンゲレーベンの名前を冠するクラスが無くなりました。更に美味しくなり、しかも価格が安くなり非常にお買い得です。 新樽は使用せずに3〜4回使った樽で12ヶ月以上熟成しています。優しい樽のニュアンスが絶妙です。赤い果実の香り、エレガントな酸とタンニンのバランスが良く力強さとやさしさが融合した赤ワインです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区 ●ブドウ品種 シュペートブルグンダー100% (ピノ・ノワール) ●タイプ 赤・ミディアムボディ アルコール12.8%、残糖2.1g/l、酸度6.6g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才!世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です!そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。)そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。 フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワールの赤ワイン、そして、味わいにあふれた辛口白ワイン。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 フーバー シュペートブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2015 ベルンハルト フーバー Huber Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2015 Weingut Bernhard Huber ドイツ 辛口 —— 3,000円

6本以上送料無料商品 フーバー シュペートブルグンダー R Q.b.A. トロッケン 1990 ベルンハルト フーバー Huber Spaetburgunder R Q.b.A. trocken 1990 Weingut Bernhard Huber ドイ

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 フーバー醸造所の赤ワインの最上級キュベ!! 1992年ラインガウの名門ホテルレストラン「クローネ」の品評会」1990年のシュペートブルグンダー《レゼルヴァ》(R)がピノノワールの部門でトップを受賞。 熟した赤い果実がたっぷりと詰まった芳醇なワイン。 クリアで洗練されていながら、しっかりとしたボディーを感じる。旨みをたっぷり感じれるワインになっております。 フーバー氏の魂の入ったワインです! ■Information 国 ドイツ 産地 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区、マルターディンゲン村、 ブドウ品種 シュペートブルグンダー100% (ピノ・ノワール) タイプ 赤・フルボディ 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 フーバー シュペートブルグンダー R Q.b.A. トロッケン 1990 ベルンハルト フーバー Huber Spaetburgunder R Q.b.A. trocken 1990 Weingut Bernhard Huber ドイ —— 23,300円

6本以上送料無料商品 フーバー シュペートブルグンダー “アルテ レーベン” 2006 ベルンハルト フーバー Huber Spaetburgunder “Alte Reben” Q.b.A. trocken 2006 Weingut Bernhard H

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 フーバー醸造所の赤ワインの最上級キュベ!! ヴュルデンシュタイン(マルターディンゲン村)の土壌は ブルゴーニュのコート・ド・ニュイと同様の地層がうねって地表面に現れたという特殊な恵まれた石灰質土壌。700年前にフランスのシトー派修道僧がブルゴーニュに酷似した土地ということでピノノワールを開墾したこのマルターディンゲン村で、今フーバー氏によって素晴らしいブルゴーニュ系品種を育てています。そして 2008年版『ゴーミヨ』でブルゴーニュ系品種の生産者で初めて最優秀ワイナリー に選ばれました。 樹齢40年前後のブドウ、新樽を使っての2年間の熟成 、ドイツ”ピノ・ノワール”のイメージを覆す本格派!!良く熟したチェリーの香り、カシス、ラズベリージャムのような香り。しなやかかつ重みのあるボディと複雑感のある味わい。 コク、酸味、アルコールのボリュームがブルゴーニュにはない独特の風味を楽しめます。 ■Information 国 ドイツ 産地 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区、マルターディンゲン村、ビーネンベルク畑 ブドウ品種 シュペートブルグンダー100% (ピノ・ノワール) タイプ 赤・フルボディ アルコール:13.5%、残糖:2.3g/L、酸:5.0g/L 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 フーバー シュペートブルグンダー “アルテ レーベン” 2006 ベルンハルト フーバー Huber Spaetburgunder “Alte Reben” Q.b.A. trocken 2006 Weingut Bernhard H —— 6,900円

6本以上送料無料商品 フーバー シュペートブルグンダー アルテ レーベン 2015 ベルンハルト フーバー Huber Spaetburgunder Alte Reben Q.b.A. trocken 2015 Weingut Bernhard Huber

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 フーバー醸造所の赤ワインの最上級キュベ!! ヴュルデンシュタイン(マルターディンゲン村)の土壌は ブルゴーニュのコート・ド・ニュイと同様の地層がうねって地表面に現れたという特殊な恵まれた石灰質土壌。700年前にフランスのシトー派修道僧がブルゴーニュに酷似した土地ということでピノノワールを開墾したこのマルターディンゲン村で、今フーバー氏によって素晴らしいブルゴーニュ系品種を育てています。 そして 2008年版『ゴーミヨ』でブルゴーニュ系品種の生産者で初めて最優秀ワイナリー に選ばれました。 樹齢40年前後のブドウ、新樽を使っての2年間の熟成 、ドイツ”ピノ・ノワール”のイメージを覆す本格派!!良く熟したチェリーの香り、カシス、ラズベリージャムのような香り。しなやかかつ重みのあるボディと複雑感のある味わい。 コク、酸味、アルコールのボリュームがブルゴーニュにはない独特の風味を楽しめます。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区 / マルターディンゲン村 / ビーネンベルク畑 ●ブドウ品種 シュペートブルグンダー100%(ピノ・ノワール) ●タイプ 赤・フルボディ アルコール13.3%、糖度3.5g/l、酸度6.5g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ 株式会社 【ワイン通販】【通販ワイン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才!世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 フーバー シュペートブルグンダー アルテ レーベン 2015 ベルンハルト フーバー Huber Spaetburgunder Alte Reben Q.b.A. trocken 2015 Weingut Bernhard Huber —— 7,700円

6本以上送料無料商品 フーバー シュペートブルグンダー ユンゲ レーベン Q.b.A. トロッケン 2008 ベルンハルト フーバー Huber Spaetburgunder Jungereben Q.b.A. trocken 2008 Weingut B

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 樹齢12年位のシュペートブルグンダーの若木のブドウを原料に、新樽は使用せずに3〜4回使った樽で12ヶ月以上熟成しています。優しい樽のニュアンスが絶妙です。赤い果実の香り、エレガントな酸とタンニンのバランスが良く力強さとやさしさが融合した赤ワインです。 ■Information 国 ドイツ 産地 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区 ブドウ品種 シュペートブルグンダー100% (ピノ・ノワール) タイプ 赤・ミディアムボディ 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 フーバー シュペートブルグンダー ユンゲ レーベン Q.b.A. トロッケン 2008 ベルンハルト フーバー Huber Spaetburgunder Jungereben Q.b.A. trocken 2008 Weingut B —— 3,200円

6本以上送料無料商品 ヘックリンガー シュロスベルク シュペートブルグンダー R Q.b.A. トロッケン 2014 ベルンハルト フーバー Hecklinger Schlossberg Spaetburgunder R Q.b.A. trocken 20

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 フーバー醸造所の赤ワインの最上級キュベ!! 樹齢50年〜のブドウから新樽で18ヶ月以上熟成。ミネラル豊かなボディのある赤ワインです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区 / マルターディンゲン村 ビーネンベルク畑 ●ブドウ品種 ピノ・ノワール 100% (シュペートブルグンダー) ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 アルコール13.2%、残糖1.2g/l、酸7.2g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ 【ワイン通販】【通販ワイン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才!世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です!そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 ヘックリンガー シュロスベルク シュペートブルグンダー R Q.b.A. トロッケン 2014 ベルンハルト フーバー Hecklinger Schlossberg Spaetburgunder R Q.b.A. trocken 20 —— 12,400円

6本以上送料無料商品 ベッカー シュペート ブルグンダー ピノ ノワール ターフェルワイン トロッケン 2006 フリードリッヒ ベッカー Becker Spaetburgunder Pinot Noir Tafelwein trocken 2006 Fr

ドイツのDRC Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 醸造所のあるシュバイゲン村はファルツの最南端。この醸造所の面白いところは所有している畑がフランスとの国境をまたがっていることです。これは両国の歴史的背景によるものです。1871年までと1918〜1940年まではフランス領。1945年からはカナダの占領軍統治下にありました。ベッカー氏はこの複雑な事情から現在でもフランス領に多くの畑を所有しています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によりフランス領で栽培されたブドウを使用してもドイツワインとして販売することが可能となりました。 ベッカー氏は「自然と一体となり豊かなテロワールに感謝しブドウを栽培していれば、毎年驚かされるような美味しいワインは何もしなくてもできる」 と説明します。今でも暖炉を使用し、 「スローフード」を地でいっているような生活を送る彼ら ならではの果実味を生かしたエレガトなワインを造っています。ベッカー氏の造るピノ・ノワールはヨーロッパやアメリカ等で世界的な評価 を受けています。 2006年にはフランスのゴーミヨ誌にて今最も注目に値する醸造家に贈られる「ライジングスター」賞も受賞しています!権威あるドイツワインガイド「ゴー・ミォ」誌において、7年連続「最優秀赤ワイン賞」受賞! ドイツの究極のピノノワール!! 特級畑【ザンクトパウル】の特別な区画から生産されるドイツのDRCと称されるベきワイン。 この畑はフランスのアルザスにあります。年間1,200本生産の本当に超希少なワインです。エレガントでパワフルなフルボディのワインです。ピノ・ノワール愛好家必飲の一本。醸造のほとんどを地元ファルツ地方のオークで造られた木樽にて行い、無清澄、無ろ過にて瓶詰。 このワインが2008年7月 【洞爺湖サミット】でも使用されたワインです!! ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ファルツ(Pfalz)地域 / ズードリッヒ ヴァインシュトラーセ(Sudliche Weinstrasse)地区、シュヴァイゲン(Schweigen) ●ブドウ品種 シュペートブルグンダー(ピノノワール)100% ●タイプ 赤・辛口・フルボディ アルコール13.0%、残糖0.2g/l、酸度5.4g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 ドイツのみならず、世界中で大注目のスター!!【ブルゴーニュワイン】ファンの方にも是非押さえてほしい醸造家です!【世界一エレガントなワインを造る!】ことを目標に掲げ、果実味に溢れ、風味豊かな、一貫して美しいワインを生み出します!! いまやトレードマークの「キツネラベル」 で世界中でもおなじみの生産者となりました。そのトップキュヴェともなると世界中で争奪戦 となるワインです。2008年には【洞爺湖サミット】 でも彼のピノ・ノワールが使用され、来賓の方々を唸らせました!! ドイツの最有力ワイン評価誌【ゴーミヨ】で8年連続、[最優秀赤ワイン賞]受賞! また、2006年には同誌で最も注目される醸造家に贈られる【ライジングスター賞】も受賞! まさに今世界においてもトップクラスの醸造家になり、また、ワイン界において群を抜いたレベルを誇る素晴らしい生産者! 世界的な気候変動の影響により、各地で繊細でエレガントなスタイルの赤ワインを造ることが年々難しくなってきているといわれます。そんな中、【過去最高レベルに】といっていい程、ドイツの赤ワインの品質・味わいのレベルアップが進んでいて、特にフランス国境に近い【ファルツ】やドイツ南部の【バーデン】は非常に注目されています! ベッカー醸造所のある【シュヴァイゲン村】はそのファルツの最南端にあたり、なんとフランスとの国境を越え二つの国をまたがり畑を所有しています。20世紀前半の混乱から、幾度となく国境線が入れ替わったこの土地ならではの歴史的逸話です。1871年までと1918〜1940年まではフランス領で、1945年からはカナダの占領軍統治下にありました。ベッカー氏はこの複雑な事情から現在でもフランス領にも多くの畑を所有しています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によりフランス領で栽培されたぶどうを使用してもドイツワインとして販売することが可能となりました。 もともと素晴らしいテロワールを誇るこのファルツを復活させた立役者がこの【フリードリッヒ・ベッカー氏】 と言っても言い過ぎではないのです!!シャイでダンディ、そして、ワイン造りに関しての情熱は物凄いベッカー氏とその遺志を受け継ぐ息子さんとの熱いワイン造り!そんな彼らの気持ちはしっかりとワインにも伝わり、国際的な「スター醸造家」になっても謙虚に低収穫量にこだわった高品質ワイン造りを行っている結果素晴しいワインが出来上がります。 ベッカー氏の所有する主な畑はシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)の栽培に向いている石灰質土壌です。 独特のエレガントな酸味とミネラル感と余韻の長さはこの土壌ならではです。使用している葡萄のクローンも【ドイツクローン】だけではなく、【フランスクローン】、【スイスクローン】と複数用いることで、それぞれの良さを引き出してワインに複雑さを与えています。 他ではあまり見かけないこの高い技術は、ベッカー氏がもともとクローン研究の第一人者で、クローンの味わいの特徴を知り尽くしている からこそです。 さらに、ベッカー氏のこだわりとして、化学肥料に頼らない、極力自然な農法を実践 しているのも特徴の1つです。実際に、畑の周りは野生のフルーツがたくさん実っていて、豊かな自然に囲まれたどこか懐かしい風景に囲まれています。また、豊かな森に囲まれた地に森も所有し、ワインの熟成に使用する樽の3分の2は自己所有の森のオークを使用 しています。そして、その森は風や悪天候から畑を静かに守ってくれています。 「世界一エレガントなワインを造る」 ことを目標に、ワイン造りに命をかけるベッカー氏が造るワインは果実味に溢れ、風味豊かで全てのワインで感動するほどのキレイな味わいになっています。ほんとうに身体に抵抗なく【す〜〜っと】入ってゆくワインです。 【伝統の継続こそが、最高の進歩!】 ベッカー氏は「自然と一体となり豊かなテロワールに感謝しブドウを栽培すれば、毎年驚かされるような美味しいワインは何もしなくてもできる。」 と語ります。今でも暖炉を使用し、 「スローフード」を地でいくような生活を送る彼らならではの果実味を生かしたエレガントなワインを造っています。ブドウ畑はピノ・ノワール、白ワインブドウのピノ・グリとシャルドネが約60%を占めています。その他にはシルバーナ、マスカット、 ゲヴュルツトラミネール、ミュラートゥルガウ、ポルトギーザー、ブラックリースリング、カベルネ・ソーヴィニヨンなども栽培しています。 ベッカー氏の造る【ピノ・ノワール】はドイツ国内はもちろんのこと、ヨーロッパやアメリカだけでなく世界的な評価を受けています!! 2006年にはフランスの【ゴーミヨ誌」にて今最も注目に値する醸造家に贈られる【ライジングスター賞】も受賞しています!また同雑誌にて8年連続【最優秀赤ワイン賞】を受賞しています。 今、オススメの醸造家【フリードリッヒ・ベッカー】のワインを是非お試しくださいませ!! 【フリードリッヒ・ベッカー】ほかのワインはこちら≫

6本以上送料無料商品 ベッカー シュペート ブルグンダー ピノ ノワール ターフェルワイン トロッケン 2006 フリードリッヒ ベッカー Becker Spaetburgunder Pinot Noir Tafelwein trocken 2006 Fr —— 19,100円

6本以上送料無料商品 ベッカー シュペートブルグンダー QbA トロッケン 2014 フリードリッヒ ベッカー Becker Spaetburgunder QbA trocken 2014 Friedrich Becker ドイツ 辛口 赤 ワイン 定番人

Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 醸造所のあるシュバイゲン村はファルツの最南端。この醸造所の面白いところは所有している畑がフランスとの国境をまたがっていることです。これは両国の歴史的背景によるものです。1871年までと1918〜1940年まではフランス領。1945年からはカナダの占領軍統治下にありました。ベッカー氏はこの複雑な事情から現在でもフランス領に多くの畑を所有しています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によりフランス領で栽培されたブドウを使用してもドイツワインとして販売することが可能となりました。 ベッカー氏は「自然と一体となり豊かなテロワールに感謝しブドウを栽培していれば、毎年驚かされるような美味しいワインは何もしなくてもできる」 と説明します。今でも暖炉を使用し、 「スローフード」を地でいっているような生活を送る彼ら ならではの果実味を生かしたエレガトなワインを造っています。ベッカー氏の造るピノ・ノワールはヨーロッパやアメリカ等で世界的な評価 を受けています。 2006年にはフランスのゴーミヨ誌にて今最も注目に値する醸造家に贈られる「ライジングスター」賞も受賞しています!権威あるドイツワインガイド「ゴー・ミォ」誌において、7年連続「最優秀赤ワイン賞」受賞! ドイツ国内で赤ワインが高い評価を受けるフリードリッヒ・ベッカー醸造所。明るい色に樽由来のバニラやシナモン、イチゴ、チェリー、木イチゴ、スグリなど赤系果実がギュッと凝縮されたような、親しみやすい甘いピノノワール特有の香り。冷涼な産地らしい引き締まった酸としかしながら、色は淡いですが、旨味と豊富な果実味、ミネラルに満ちた、エレガントな味わいです。しっかりとしたタンニンを持つ辛口の赤ワインです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ファルツ(Pfalz)地域 / ズードリッヒ ヴァインシュトラーセ(Sudliche Weinstrasse)地区 / シュヴァイゲン(Schweigen) ●ブドウ品種 シュペートブルグンダー (ピノ・ノワール) 100% ●タイプ 赤・辛口・フルボディ アルコール13.3%、残糖0.4g/l、酸度5.7g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 ドイツのみならず、世界中で大注目のスター!!【ブルゴーニュワイン】ファンの方にも是非押さえてほしい醸造家です!【世界一エレガントなワインを造る!】ことを目標に掲げ、果実味に溢れ、風味豊かな、一貫して美しいワインを生み出します!! いまやトレードマークの「キツネラベル」 で世界中でもおなじみの生産者となりました。そのトップキュヴェともなると世界中で争奪戦 となるワインです。2008年には【洞爺湖サミット】 でも彼のピノ・ノワールが使用され、来賓の方々を唸らせました!! ドイツの最有力ワイン評価誌【ゴーミヨ】で8年連続、[最優秀赤ワイン賞]受賞! また、2006年には同誌で最も注目される醸造家に贈られる【ライジングスター賞】も受賞! まさに今世界においてもトップクラスの醸造家になり、また、ワイン界において群を抜いたレベルを誇る素晴らしい生産者! 世界的な気候変動の影響により、各地で繊細でエレガントなスタイルの赤ワインを造ることが年々難しくなってきているといわれます。そんな中、【過去最高レベルに】といっていい程、ドイツの赤ワインの品質・味わいのレベルアップが進んでいて、特にフランス国境に近い【ファルツ】やドイツ南部の【バーデン】は非常に注目されています! ベッカー醸造所のある【シュヴァイゲン村】はそのファルツの最南端にあたり、なんとフランスとの国境を越え二つの国をまたがり畑を所有しています。20世紀前半の混乱から、幾度となく国境線が入れ替わったこの土地ならではの歴史的逸話です。1871年までと1918〜1940年まではフランス領で、1945年からはカナダの占領軍統治下にありました。ベッカー氏はこの複雑な事情から現在でもフランス領にも多くの畑を所有しています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によりフランス領で栽培されたぶどうを使用してもドイツワインとして販売することが可能となりました。 もともと素晴らしいテロワールを誇るこのファルツを復活させた立役者がこの【フリードリッヒ・ベッカー氏】 と言っても言い過ぎではないのです!!シャイでダンディ、そして、ワイン造りに関しての情熱は物凄いベッカー氏とその遺志を受け継ぐ息子さんとの熱いワイン造り!そんな彼らの気持ちはしっかりとワインにも伝わり、国際的な「スター醸造家」になっても謙虚に低収穫量にこだわった高品質ワイン造りを行っている結果素晴しいワインが出来上がります。 ベッカー氏の所有する主な畑はシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)の栽培に向いている石灰質土壌です。 独特のエレガントな酸味とミネラル感と余韻の長さはこの土壌ならではです。使用している葡萄のクローンも【ドイツクローン】だけではなく、【フランスクローン】、【スイスクローン】と複数用いることで、それぞれの良さを引き出してワインに複雑さを与えています。 他ではあまり見かけないこの高い技術は、ベッカー氏がもともとクローン研究の第一人者で、クローンの味わいの特徴を知り尽くしている からこそです。 さらに、ベッカー氏のこだわりとして、化学肥料に頼らない、極力自然な農法を実践 しているのも特徴の1つです。実際に、畑の周りは野生のフルーツがたくさん実っていて、豊かな自然に囲まれたどこか懐かしい風景に囲まれています。また、豊かな森に囲まれた地に森も所有し、ワインの熟成に使用する樽の3分の2は自己所有の森のオークを使用 しています。そして、その森は風や悪天候から畑を静かに守ってくれています。 「世界一エレガントなワインを造る」 ことを目標に、ワイン造りに命をかけるベッカー氏が造るワインは果実味に溢れ、風味豊かで全てのワインで感動するほどのキレイな味わいになっています。ほんとうに身体に抵抗なく【す〜〜っと】入ってゆくワインです。 【伝統の継続こそが、最高の進歩!】 ベッカー氏は「自然と一体となり豊かなテロワールに感謝しブドウを栽培すれば、毎年驚かされるような美味しいワインは何もしなくてもできる。」 と語ります。今でも暖炉を使用し、 「スローフード」を地でいくような生活を送る彼らならではの果実味を生かしたエレガントなワインを造っています。ブドウ畑はピノ・ノワール、白ワインブドウのピノ・グリとシャルドネが約60%を占めています。その他にはシルバーナ、マスカット、 ゲヴュルツトラミネール、ミュラートゥルガウ、ポルトギーザー、ブラックリースリング、カベルネ・ソーヴィニヨンなども栽培しています。 ベッカー氏の造る【ピノ・ノワール】はドイツ国内はもちろんのこと、ヨーロッパやアメリカだけでなく世界的な評価を受けています!! 2006年にはフランスの【ゴーミヨ誌」にて今最も注目に値する醸造家に贈られる【ライジングスター賞】も受賞しています!また同雑誌にて8年連続【最優秀赤ワイン賞】を受賞しています。 今、オススメの醸造家【フリードリッヒ・ベッカー】のワインを是非お試しくださいませ!! 【フリードリッヒ・ベッカー】ほかのワインはこちら≫

6本以上送料無料商品 ベッカー シュペートブルグンダー QbA トロッケン 2014 フリードリッヒ ベッカー Becker Spaetburgunder QbA trocken 2014 Friedrich Becker ドイツ 辛口 赤 ワイン 定番人 —— 2,600円